石川・松任健康の里

農薬・化学肥料不使用の自然農法栽培 島の愛妻米やひまわりたまごの販売 石川・松任健康の里

商品カテゴリ

コンテンツ

HOME»  農業体験しませんか?

農業体験しませんか?

石川・松任健康の里 農業体験 友夢農和

農業体験

 

※現在は募集を行っていません。2月から3月に新規募集を行います。

石川・松任健康の里では、一年間を通して農業や自然に触れる農業体験プログラム友夢農和(ゆめのわ)を運営しています。

友夢農和では、農薬や化学肥料を使わない自然農法で、春は種まきや田植え体験、夏には草取りや流しソーメン、秋には稲刈りや芋ほり、冬にはソバ打ちやたくあんづくりなどを体験します。体験できる作業は、季節によって異なり、四季の自然の変化を体験することができます。
自分で種をまいた作物が生長した瞬間、生長した作物を収穫する瞬間、収穫した作物を加工して食べる瞬間、それぞれの瞬間に、これまでになく幸せな気持ちになっている自分に気づくことと思います。

このような、農業の体験を通して、育てて、食べて楽しむ豊かな菜園生活を始めるきっかけになればと願っています。その第一歩を、石川・松任健康の里で始めてみませんか?

友夢農和には3つのコースがあります。
1.幼保育園児から小学生の親子が対象
  (年10回 20組限定 年会費10,000円)

2.0歳から幼保育園児の親子が対象
  (年10回 10組限定 年会費10,000円)

3.随時募集型
  (ホームページによる随時募集 参加費は実費徴収)

 

 

年間行事予定(状況によって変動します)

日時 内容
4月 ジャガイモの植え付け
5月 田植え、サツマイモの植え付け
6月 タマネギの収穫
7月 ジャガイモの収穫
8月 梨狩り
9月 ダイコンの種まき、稲刈り
10月 サツマイモの収穫と焼き芋
瑞泉郷まつり(秋の健康まつり)
11月 落花生の収穫、タマネギの植え付け
12月 ダイコンの収穫、そば打ち
1月 餅つき
2月 うどん打ち

 

田んぼで泥まみれ

田んぼで泥まみれ

 

田植えや稲刈りに、子どもたちは大喜び。泥んこになりながらイネの苗を植えたり、たわわに実った稲穂を鎌でしっかりと刈り取ったり…。
一緒に汗を流した親御さんたちも「貴重な体験ができてよかった」「イネが実った喜びをみんなで共感できてうれしい」など、満足感でいっぱい。
中には「イネは温かい水を好むと知り驚いた」「昔の生産者の方たちの苦労がわかった」といった気付きもありました。

 

野菜を収穫

野菜を収穫

 

ダイコンやサツマイモ、ジャガイモを掘り出しては、子どもたちが歓声を上げます。それは大人も同じです。
種まきや苗の植え付けも楽しみの一つ。
「ダイコンがすっぽんと抜けてびっくりした」「落花生堀りが楽しかった。もう一回やりたい」などとはしゃぐ子どもたち。
かたや大人たちからは「落花生が土の中にできているなんてびっくり」「ダイコンを抜いて喜ぶ子どもを見ていて、ほのぼのした」との声が聞かれます。

 

餅つきやうどん作り

餅つきやうどん作り

 

きねと臼を使った餅つきや、石臼でひくきな粉作り、長い麺棒を使ってのうどん作りやそば打ち体験…。
珍しい道具を使った食材作りは、子どもたちはもちろん、大人たちの遊び心もくすぐります。
子どもたちは「きねが重かったけど、楽しかった」「自分たちで作ったうどんはもちもちしておいしかった」と喜び、大人たちも「餅つきを何回もできて、お兄ちゃんは満足そう」「石臼で作ったきな粉が最高」と笑顔を見せます。

 

お花をいけて音楽を楽しむ

お花をいけて音楽を楽しむ

 

友の会行事は農業体験が主ですが、年間12回のうち1回は、美術文化に触れる機会があります。昨年度は、お茶とお花にトーンチャイムという楽器の演奏を楽しみました。
四季折々の草花をいけて楽しんだり、一服のお抹茶を味わったり、音を奏でて耳を澄ませたり。
子どもたちからは「花器を作って、お花をいけるのが楽しかった。
来年もやりたい」との声があり、大人たちからは「身近に咲いているお花を生かせてうれしい」との声も。

 

農業体験申し込みフォーム


  は必須入力です。必ず入力してください。

お名前
姓(かな)
名(かな)
郵便番号 -
  • 住所を検索する
  • 住所 都道府県
    市区郡
    町村字番地
    建物名
    TEL
    メールアドレス

    参加人数 (大人)
    参加人数 (子供)
    備考欄
    上記の内容でよろしければ、送信内容確認ボタンをクリックしてください。
    ご記入にあたり、 個人情報保護方針 をご一読いただき、内容にご同意頂いた上でご記入、ご送信くださいますようお願い申し上げます。