根本治療
京都府京都市右京区西院小米町36
TEL:075-321-4768
トップページ 院長紹介 医院案内・アクセス お問合わせ

入れ歯、咬み合わせ、無呼吸症候群、金属アレルギー

お問合わせ

CONTENTS MENU
Mobile Site 当院の治療方針

簡潔に言うと、なるべく

  • 顎・口元のズレに注目
  • 神経は抜かない
  • 歯は繋がない
  • 小さな虫歯は、変色だけなら経過観察
  • インプラントはしない
  • 歯は抜かない・・親知らずは別
  • 歯に「体が嫌うもの」は入れない
  • 姿勢、食生活に留意してもらう
  • 咬み合わせにこだわる
  • 入れ歯の人、リスクの高い人の定期健診をお勧めします。
トップページ»  お問合わせ

お問合わせ内容の入力

ご相談を受けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

無呼吸症候群や不眠症や口呼吸も、結構良くなる方もいます。金属アレルギー(ジルコニアを含む)や咬み合わせのズレ・夜間の嚙みしめが、大きな問題かもしれません。


確認のためもう一度入力してください。

ドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからのメールを受信できるように設定をお願いいたします。
@okumura-dental.com

 

「次へ」ボタンをクリックすると、確認画面が表示されます。

疑問があれば、メールでご相談下さい。

歯科医になって30年以上たちます。昔はなぜか自信だけはあったのですが、今から思うとひどいものでした。多くの講習会を受け続けて少しずつステップアップしてきたように思います。10年後には、「10年前は、なにもわかってはいなかった。」といえるようになりたいと思っています。

一般的な歯科治療をみて、次のように思います。

  • 体全体の観点が必要です。まず、肩こり・頭痛など不定愁訴に関してアンケートが必要でしょう。
  • 夜間の下顎の大きな動きを考えに入れていない。
    噛むことと発音位しか考慮にはいっていない。呼吸が考慮されていない。
  • 口の中は敏感な場所という認識がない。
  • 安易に‘磨けてませんね。’のせいにしすぎ。
  • 咬み合わせのバランスや再植法などにより、抜かないで済む歯が抜かれ、神経も残せるケースでも神経を抜くことが多いように思えてなりません。
  • 下顎の変位を考えていない(全身のひずみも無論見ていない)補綴処置が多いように思います。
  • 矯正でも第1小臼歯を抜くのは、よほどのケースに限られるはずです。
  • 必要のない金属のコアが安易に使われている。

3~4割の歯が、かみ締めからの解放・再植などで抜かなくてすむように思います。
神経についても、同様のことが言えます。特に、どうせダメだからインプラントに・・という考えには反対です。

 

PAGE TOP

西院駅の越久村歯科医院 予約はEPARK歯科へ